トレンドラインで勝率アップ!

今回は、トレンドラインについて解説します。

トレンドラインとは、普通のインジケータと違い、
自分でチャート上に引くラインの事です。

人によってトレンドラインの引き方は違いますので、
引いても機能するラインと、機能しないラインがあります。

なので、トレンドラインだけを使ってすごく稼いでる方もるし、
線の引き方がいまいちであまり勝てない人もいます。

 

下落相場でのトレンドラインの引き方

下落相場では、ロウソク足の高値と高値を結びます。

上のチャートは、2017年1月6日18時頃のEUR/USDです。

5分足チャートですが、赤のラインのように”高値のひげとひげ”を結びます。

そして、このトレンドラインを下落トレンドのレジスタンスラインとして捉え、
ローソク足がトレンドライン付近まで上昇してきた時に
上抜けしなければLowでエントリーします。

もし、このトレンドラインをローソク足が上抜けした場合は、
下落トレンドの終わりの合図かもしれません。

逆張りの準備をしましょう。

 

逆張りトレンドラインの狙い方

基本的に僕は逆張りしか狙っていません。

画面右側の緑色のロウソク足が、
トレンドラインを突き抜けているところに注目してください。

エントリーするのはまだです。

突き抜けたら次のロウソク足が重要です。

長いひげを伸ばし、しかも完全にトレンドラインを超えましたので、
HIGHでエントリーです。

上昇相場でのトレンドラインの引き方は、単純に下降相場の反対で、
上昇相場では、安値と安値を結びます。

トレンドラインは結構使えます。

ほんとにトレンドラインなんかで勝てるようになる?
と思っている方もたくさんいると思います。

ひと昔前のトレーダーの方を見ると、
紙にチャートを書き、ラインを自分で引いて分析していたので、
ベテランのトレーダーの方は、トレンドラインで
分析するのが好きな方も多いです。

今も紙に自分でチャートを書かれている方も大勢いますし、
それだけ、トレンドラインは使えるという事ですね!

 

最高のトレンドラインを自分で引くために!

トレンドラインの引き方が分からないので、
教えてくださいという方が結構います。

そういう方にアドバイスをする時は、
とにかく量だと答えています。

とりあえず試行錯誤しながら何本も引くことが大事です!

そして、新しいラインを引き直したとしても、
過去のラインを消さないようにして下さい。

2点のロウソク足の高値、安値を結び、
しっかりとそのトレンドラインに沿って
上昇か下降してくれるのが理想です。

ただ、なかなかしっくりくるラインが引けない事は、
プロでもありますし、その時は何本もラインを書き直します。

これを繰り返していると、引き方のコツが分かったり、
しっくりしたラインが引けるようになってくるので、
是非使いこなせるようになってください。