バイナリーに対しての税金は?

バイナリーで稼いだお金って、税金ではどういう扱いになるんだろう?
そんな疑問を持ってる方が多かったので、少し解説を書いておきます。

これから、バイナリーで稼いでいこうと考えている方は、
必ず目を通しておきましょう。

FXやバイナリーオプションの税金について、
複雑そうなイメージを持っている方が多いと思います。

2012年までは利益に対しての割合が
金額によって異なったりしてましたね。

計算方法がとても複雑ではありましたが、
2012年度から税制が変わりました。

FXやバイナリーオプションの税金は、
かなり分かりやすくシンプルなものになり、
僕たちトレーダーにとっても親切な内容に変わりました。

 

バイナリーオプションの税率は?

まず、バイナリーオプションの税金は一律20%です。
どんなに利益を出そうとも20%です。

ですが、
年間利益が20万円以下の場合、
支払いはしなくても大丈夫です。

さらになんと、損失を最大3年間、繰り越すことができます。

仮に去年は200万円の損失、今年は300万円の利益が出たというパターンだと、
税金は300万円に対してではありません。

300万円から昨年の200万円の損失を引いた
100万円に対して税金が発生することになります。

経費は認められる?

続いて経費の話です。

どこまで経費で落とせるかという質問を
よくされますので説明しておきます。

個人事業主の場合、
経費が適用されるものはそれほど多くはありません。

ですが、きちんとバイナリーの為にかかったお金を
証明できるものがあれば全く問題ありません。

あらゆる手法を身に着けるために購入した
書籍、セミナー費用、セミナーに行くまでにかかった交通費、
データ記録をつけるための文房具代
などです。

個人で使用するパソコンやケータイ、ネットなどの通信費も、
「按分」と言い、個人で使用した分と、
トレードに使用した分を割って申告することが出きます。

ちなみに、通信費などは3割~5割が相場です。

確定申告はどうするの?

「年間で200万以上稼げました。税金はどこに?」という方も
そうでない方も、まずは確定申告をします。

先ほども言いましたが、この時、去年の負け額が
100万円あれば、税金対象額は100万です。

また、確定申告で通信費など、
経費を申請する事が出来るので実際の利益を減らす事が可能です。

確定申告は1年間の収支報告なので、
3月頃に前年度に稼いだお金を税務署に申告しましょう。

税務署に行くのが面倒な方や、どうしても行く時間がない方は
ネットで検索すれば、ネットからプリントアウトをして
郵送することも可能みたいですので調べてみてください。

何もわからない方は、直接税務署へ行けば、
担当者の方が教えてくれるので行く事をオススメします。