ダイバージェンスを使った勝ち方

これから、ダイバージェンスについて
出来るだけ詳しく解説していきます。

ダイバージェンスには、次の2つの種類があります。

  • 普通のダイバージェンス
  • ヒドゥンダイバージェンス

普通のダイバージェンスは相場の反転サインです。

厳密には勢いが衰えている合図なので、
勢いが衰えて、また吹き返す時もあるという事なので、
注意しないといけません。

ですが、バイナリーオプションのような短時間取引だと、
ダイバージェンスを確認後、逆張りでエントリーして、
吹き返すまでにほぼ取引終わっていると思います。

ですので、吹き返す可能性は、
頭の中に入れておく程度で大丈夫だと思います。

もしも、取引中に吹き返してきたら、
この事を思い出して、転売してしまった方が良いでしょう。

何度も言いますが、いかに負けを減らすかが
投資において最も重要な事です。

 

※上の画像が普通のダイバージェンスです。

相場が上昇しているにもかかわらず、
STOでは下がってるのがお分かり頂けますでしょうか。

この時、RSIはダイバージェンスの形になっていないので、
本来エントリーしない方が良いですね。

今回はデモトレなので、記事用にエントリーしてみました。笑

その結果がこれです!

時間もまだあり、ペイアウト率もすでに1.4倍になっていたので
利確の段階で転売しました。
※デモトレです。

ヒドゥンダイバージェンスは、
トレンド継続のサインで使用するオシレーターはRSI、
ストキャスティクスなどです。

僕は、普通のダイバージェンスを使っていますので、
ヒドゥンダイバージェンスについての画像などは撮っていません。

ですので、そちらの情報は今回は省かせて頂きます。

いくら勝率が高いと言っても基本的には、
どちらか一つに絞る事をオススメします。

エントリー回数は少ない方が良いですし、
おそらくどちらも狙おうとすると
頭がブレブレになります。笑

ブレブレになると負けるので、
両狙いはやめておくことをおススメします。