トレードしやすい時間帯は存在する?

トレードしやすい時間帯や、しにくい時間帯があるって知ってましたか?

まず初めに、為替レートがなぜ動くのかを考えてみましょう。

「金利によって為替レートが動く」
「為替レートは景気反応する」
という事を言っている方がいますが、厳密には違います。

為替レートが動くのは”トレーダーの心理が変化する”からです。
ここを意識していないと、チャンスを見逃す可能性が高まります。

アメリカの金利が上昇してもトレーダーが「買いたい」と
思わなければ為替レートは上昇しません。

この大原則をまずは頭に置いておきましょう。

金利上昇 → 米ドルの上昇
ではなく、
金利上昇 → トレーダーの米ドル買い意欲の上昇 → 米ドルの上昇
なのです。

ですから、株、FXなども含めてそうですが、為替取引で勝ちたければ、
モニターの向こう側にいるトレーダーの気持ちを考える必要があります。

何も考えずに取引していると搾取されるだけになるので注意しましょう。

投資を専門に仕事をしている人は、成績が悪ければクビですから、
確実に勝とうとしてきます。

例えば、自分が寝ている間に相場が急変したらどうでしょう。。

投資家は、守りの考えでないと一瞬で財産が溶けてしまうリスクがありますので、
攻めよりも守りの文化です。

利益の乗っているポジションがあれば、必ず帰宅する前には利確しようとするのです。

東京で働くトレーダーだと、東京の株式市場の取引時間が9:00-15:00なので
15時前にはその日のポジションを決算しようとします。

ロンドンであれば、市場が日本時刻で16:00-0:30までですので
0時過ぎには決算しようとします。
※冬の場合17:00-1:30

ニュヨークだと日本時刻22:30-5:00までですので、
朝5時前に決算します。
※冬の場合18:00-6:00

このことから、ある市場がクローズする間際には
ポジションを解消しようとするニーズ」が存在します。

そう考えると、さきほど説明したポジションを清算する時間に、
それまで上昇トレンドだった相場が一気に崩れ落ちていく事が多々あります。

それを理解した上で、逆張りや順張りをすると勝ちやすくなります。

以上の事を頭に入れながらトレードすることによって、
勝ちやすい時間帯は存在するのです。

決して時間帯だけで勝ちやすいといった事ではないですが、
「午前中は勝ちやすいよ。」など誰かにアドバイスもらった時には、
何故なのかを考えるようにしましょう。

上記を参考に、これから数日の間チャートを見てみると、
何か発見があるかもしれませんね!