★カメラを始めてみた★



仕事で写真を撮ることが何度かあったので、デジカメやスマフォで済ましていましたが
どうせ撮るなら、一眼レフカメラを使ってみたかったので購入する事に。

カメラの知識がほとんど無いので、安い初級機をいろいろ探し
10年以上前の、レンズ付き一眼レフの中古を15000円購入


10年前以上昔のものとは思えないほど奇麗な状態
「きっと大事に使われていたんだろう。」

いざ写真を撮ろうと思っても、ISO/F値/WBなど、聞いたことのない表示が
カメラに書いてある、「なにこれ?」

使い方が全く分からなく、ネットでマニュアル検索し
どうにか、自動で何枚か撮ることが出来て見てみると

お世辞でも奇麗に撮れていない、「なんで?」

一眼レフなら、素人でもそこそこ奇麗な写真が
撮れると思っていたが、スマフォで撮ったほうが奇麗に撮れる

「初級機とはいえ、素人が手を出してはいけないマニアックな物なのか?
なんだか奥深そう。」

一気にやる気を失い、机の上に。

部屋の飾り物と化したカメラ、目が合うたびに
宝の持ち腐れ・・・・・


気を取り直して、再度チャレンジ
ネットでマニュアル本を購入し勉強しても
奇麗な写真が撮れない

カメラの機能数が多く、一つずつ理解するのが大変
一つの設定を変えれば、違う設定も変わる

使いこなすには、設定のすべてをある程度理解しないと
いい写真が撮れないことがわかり、手が空いた時

どの設定にすれば、どんな写真が撮れるか
何度も繰り返すうちに、思うような写真だ撮れるようになってきた


20枚に1枚びっくりするぐらい、きれいな写真が撮れるようになり
カメラの深みにはまっていく事に


単焦点レンズ、マクロレンズで撮ってみたい。
フルサイズ機で撮ったらどんな写真が出来上がるのか?

自分の中に物欲の悪魔がやってきて

「フルサイズ機に変えればもっと奇麗な写真が撮れる」
「レンズを変えたらいろんな写真が撮れる」

気が付けば、レンズ12個カメラ4台のコレクターに・・・・・。


いろいろ試した結果、初級機と上級機どっちかというと

初級機〜中級機で十分だと思います。

上級機になると設定も細かく出来るようになりますが
外での撮影だと、状況に合わせてその都度、設定を変えることになります。

どこかに出かけて、写真を撮るたび、明るさが違うのでISOやWBなどの設定を
やり直し、試し撮りを何回かして撮ることになります。

一人で写真だけ取りに行くならいいんですけど

僕も実際、家族と出かけた時、写真を撮るたび「ちょっと待って、設定するから」
家族から、大ブーイング

ほとんど、スマフォで撮ることになりました

それからは、誰かと出かけるときはスマフォを使っています。




Copyright © ★50才から始めた事★ All Rights Reserved.